社内セミナーのご案内

内容

日科技連が開催している定例セミナーを、社内で開催してほしいというご要望にお応えするために、社内セミナーとして開催しております。品質経営、TQM、信頼性、SQC、実験計画法、QCサークル、ISO、方針展開、QFDなど日科技連が開催している定例セミナーの中から選択していただきます。また、お客様からのご要望に応じて、定例セミナーの内容を組み替えた特別セミナーの開催も可能です。

メリット

① 組織のねらい・目的に応じたカリキュラムで研修が実施できる

② 自社(およびグループ企業)で開催できるので、社員の移動経費が削減できる

③ 実施日程は自社の希望日で計画的に実施できる

④ 研修後、社内教育プログラムの体系化を構築できる

⑤ 一度に多くの社員に教育でき、コストダウンが図れる

実施例

★ 品質経営セミナー部課長コース

★ 品質管理セミナーベーシックコース

★ 多変量解析セミナー

★ 職場長のための問題解決実践コース

★ 信頼性基礎セミナー

★ 品質トラブル防止のためのヒューマンエラー防止策と目で見る管理の実践セミナー

★ 方針管理実践セミナー

★ 実験計画法セミナー

★ QCサークルリーダーコース

★ IEによる職場改善実践コース

★ ISO全般(品質/環境/情報セキュリティ/食品安全/労働安全)

★ なぜなぜ分析セミナー

社内研修の流れ

ステップ内 容
教育の企画・立案・提案ご相談・お問い合せお電話、FAX、メールなどからお気軽にお問い合わせください
研修のねらい・目的の確認現状の実態、ねらい・目的などご依頼内容の確認
教育・研修企画のご提案ご相談・ご依頼の内容に応じて研修企画・カリキュラム概要、指導講師をご提案いたします
費用お見積書提示企画内容の費用のお見積りを提示いたします
正式ご依頼(お申込み)
テキスト・資料等準備
・指導講師、開催日、開催場所、参加者数などを確認し、「セミナー・研修申込書」を頂戴いたします。
・申込書を頂戴後,「研修業務等委託請負確認書」を送付します
テキスト・資料等準備企画内容に基づきテキスト・資料の作成、選定、準備いたします
教育の実施教育の実施当方のスタッフが準備や実施運営をサポートいたします
費用のご請求教育・研修終了後、ご請求書を発行いたします
教育後のフォロー教育研修の評価
今後のご提案
教育・研修の成果・効果をどうのように実務に活用するかアドバイス・フォローいたします。より発展的なステップに向けての企画・提案を承ります


日科技連主催の定例セミナーへのご参加が,業務上あるいは地理的な事情などで難しい場合には,社内教育の一環として社内セミナー(企業内臨時コース)をご利用ください!!



本部の案内ページへ

お問い合せ先

日本科学技術連盟 大阪事務所 社内セミナー係

TEL:06-6341-4627/FAX:06-6341-4615

E-mail:juseosaka@juse.or.jp