~ 社内・職場でSQC(統計的品質管理)を効果的に活用していますか!? ~

経営成果創出のためのSQC活用セミナー(無料) 開催ご案内

日時

2016年7月19日(火) 13:30~15:30

会場

大阪・新藤田ビル (大阪市北区堂島2-4-27)

内容

経営からモノづくりの現場に至るまで、様々な分野で活用できるSQC(統計的品質管理)は、高い企業競争力をつけるためにも重要なツールであることが知られています。

しかしながら、業務の目的や内容に応じて適切な手法を選択したり、手法を組合せることによって、精度よく、効率的に、効果的な結果を得るためには、SQCを駆使できる人材の育成が必要となります。

社内で「解析や計算方法は勉強したので理解した。でも、仕事でどのように使うの?」、「いろいろな方法があるが,どのように使うべきかわからない・・・」、「品質教育・統計教育を実施しているのに、業務に使われていない・・・」のような声が聞こえたりしませんか?

今回のセミナーでは、社内で受講側・支援側双方の課題を解決してこられた清水 貴宏 氏(パナソニック㈱)をお招きし、統計的方法論を有効的に活用させるためのヒントを事例を交えて紹介いただきます。今後の人材育成や統計的方法論の効果的な社内展開にお役立ていただく一助となれば幸いです。

是非、皆様お誘い合わせの上、多数のご参加をお待ちしております。

講師

清水 貴宏 氏

パナソニック㈱ オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 事業基盤強化センター 品質・環境部 企画・人材育成課 主幹

【聞きどころ】
最近、ビッグデータやIOTなど大量の情報を経営に活用しようとする話題がよく取り上げられる。一方、日本では古くから、QCサークル活動等でモノづくり現場の品質管理や改善あるいは強化を実施してきた。両者は、統計的方法論を活用して目的を達成するために効率的かつ効果的に収集・管理・分析・評価している部分は共通している。
様々な分野で活用できる統計的方法論は、目的や内容に応じて多くの方法論が開発されている。つまり、利便性の高い方法論と言える。その一方で有効的に活用するためには、様々な方法論の中から目的達成のための方法の選択あるいは、それらの組合せが必要という複雑さがある。そのため、『品質管理教育』や『統計的品質管理手法研修』など行っている企業であっても、『品質教育・統計教育を実施しているのに、業務に有効的に活用されていない』など、受講側・支援側双方から活用についての困難さを感じさせる声が聞こえてくる。
今回のセミナーでは、統計的方法論を有効的に活用する際の受講側・実施側双方の課題と解決のための提言と、統計的方法論が経営効果に寄与する例を紹介する。

お申込み方法

Webからの申し込み


パンフレット

パンフレットボタンをクリックしていただき、会社名、所属・役職、参加者氏名、連絡先をご記入の上、E-mail(juseosaka@juse.or.jp)またはFAX(06-6341-4615)にお送り下さい。お申し込み後、開催1~2週間前から会場略図等のご案内をお送りいたします。

本件に関するお問合せ先

日科技連・大阪事務所(TEL:06-6341-4627) 岡田